2018年08月18日

7月6日 東京民藝協会例会 村上豊隆「民藝入門」

7月の例会は、日本民藝協会の村上豊隆さんを講師に迎え、講座「民藝入門」を行いました。
会場はいつものておりやではなく、駒場のべにや民芸店。参加者は15人ほどでした。
個人的には、村上さんの「民藝入門」を聞かせてもらうのは2回目となります。数年前の松本民芸館主催の講演に参加したときは、松本民芸館の所蔵品や地元の工芸品を例に、地域性などについてわかりやすく話されていたのが印象的でした。

tmk180818.jpg

このほど村上さんが編集している雑誌『民藝』にて「小絵馬」を特集(2018年5月号)したこともあり、今回は絵馬から民藝の美しさの基本的な性質を検討していきたいとのこと。小絵馬から読み解く「民藝」。期待が高まります。

無病息災などの願いが込められた絵馬には、絵師により描かれた「大絵馬」と、庶民によって描かれた「小絵馬」に分類されます。
柳宗悦は、東北地方でみられる南部小絵馬を「名も無い職人画工の筆から生まれ」「全く工芸的な性格をもつ民画であった」と高く評価し、数多くの絵馬を蒐集し、日本民藝館に所蔵されています。また、小絵馬の蒐集家だった芹沢_介の自宅を柳が訪問したことで両者の交流が始まったことは良く知られています。
このような基本情報のほか、日本民藝館所蔵の南部小絵馬の分布、特徴などが解説され、村上さんが『民藝』の取材で訪れた、練馬の縁切神社でのエピソード等をお話いただきました。

興味深かったのは、『民藝』5月号のスペースの都合上掲載できなかったという、東北の「失せ物絵馬」というもの。
この絵馬には、なぜか金槌や包丁といった金物の絵が描かれているのだそうです。
漁師にとって、金物を海に落とすのは縁起が悪く、不漁になるとの言い伝えがあるため、それぞれ落とした金物の絵を描き、神社に奉納するのだとか。
そこに描かれている絵は奇妙でコミカルなのですが、思いと願いが強く感じられました。
私たちにとって、身近で馴染みのある絵馬の話はわかりやすく、「民藝入門」には格好の題材だったといえます。

ところで、日本民藝館には小絵馬だけではなく、大絵馬も所蔵されているそうです。村上さんは、柳は決して民間宗教の象徴である「小絵馬」のみを賞賛したわけではなく、「大絵馬」も同じように美しいものとして評価していると語り、最後に、5月に日本民藝館でおこなわれた柚木沙弥郎さんの講演で発せられた言葉(『民藝』7月号に掲載)を朗読し、お話を締めくくられました。

村上さんによる「民藝入門」は、今後も恒例例会として、いろいろな切り口でお話していただきたいと思いました。どうもありがとうございました。
(奥村)
posted by 東京民藝協会 at 18:27| Comment(0) | 例会

2018年07月26日

次回の例会

○東京民藝協会2018年8月例会
日本民藝館「書物工芸」展見学

日 時 2018年8月25日(土) 11時〜12時ころ
場 所 日本民藝館 入口あたりに集合
解 説 白土慎太郎氏(日本民藝館)
参加費 500円 (会員以外は1000円)
定 員 20人位(会員優先/先着順)
参加申込 下記のメールに8月24日(金)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

3月と5月に見学会をしたところ10人以上参加して下さったので、8月も行うことにしました。
展示の正式な名前は「書物工芸---柳宗悦の蒐集と創造」です。展示を担当した白土さんがご案内下さいます。*これまで参加費はなかったのですが
今回から頂戴します。ご了解下さい。
posted by 東京民藝協会 at 11:07| Comment(0) | 例会

2018年07月20日

東京民藝協会第36回定期総会

 6月2日(土)に維新號銀座新館で36回定期総会を行った。参加者は少なくて19人、本部から保坂事務長、鈴木さん、それにいつも会計をやって下さっている加藤さんが出席して下さった。
 決算については決算書を見ていただきたい。この何年かかけて、封筒以外の「たより」「決算書」「各種案内書」などの印刷物の外注をすべてやめたので、かなり経費を節約してきた。それでも収支はとんとんで、2011年以来様々な災害に対していくらかづつの寄付を行ってきたので、赤字が発生している。しかし一方会費の8000円は決して安くはないので、事務を預かるわたしとしては何か検討の余地がないかと考えてしまう。

tmk180720.jpg

 さて今回の総会では、例年にない議題が持ち出された。これまで事務の多くを担当してきた藤田がこれまで通りの仕事ができなくなったので新しい体制を考えてもらいたい、ということである。これについて、珍しく活発な議論が行われた。すぐ結論が出る事柄ではなく、佐藤副会長、たくみの野崎氏、奥村氏、藤田ほかで検討するように依頼した。
 議事終了後懇親会を行った。
(藤田)

posted by 東京民藝協会 at 18:10| Comment(0) | その他

2018年07月19日

民藝館「柚木展」手伝いのことと5月例会

 民藝館の春の特別展「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」が終わった(会期は4月3日から6月24日)。入館者は約32,500名で、これまでで最多だったとのこと。これには、NHKラジオ「ラジオ深夜便」と、テレビ「日曜美術館」の放送、放映の影響が大きかった。1日に500人を超えると、館の職員だけでは入館者の対応が難しくなるようだ。ましてや1000人、1500人になるとまず無理である。当協会にも手伝いの要請があって、16人、延べ45人を派遣?した。満足できる人数でもないが、ある程度動けて平日にも休みがとれる人ということになるとかなり限られてきて、これくらいが精一杯であった。私も何日か出たが、朝から1日中スリッパをそろえているという感じであった。

 といってもこういう状態はテレビ放映後6月に入ってからで、例会はそれ以前5月26日(土)だったのでさほどの混雑はなかった。参加者は13人、これでもちかごろでは多いほうである。
 展示の担当者月森さんが案内して下さった。月森さんはまず存命の作家の特別展は、棟方志功以来43年ぶりだとおっしゃった。存命作家の展覧会をやることには大きく言って2つの難しさがあるだろう。棺を蓋いて事定まるというが、存命作家の評価は必ずしも定まっていない。したがって、ある美術館なりが他に先駆けて存命作家の展覧会を行うことにはそれなりの危険が伴うものである。その作家を取り上げること自体がまず世間の評価の対象になり、もし時期尚早とかそもそも取り上げるに値しないとかいう評価が下されると、具合の悪いことになる、贔屓の引き倒しになってしまうのである。(反対にその作家の評価をさらに高めて、結果館の見識の高さも認められるような場合もあるだろうが)
 もう一つ、さらに厄介なことがある。それは作家が満足する展示を行わなければならないということである。展示する側には会場や費用など様々な制約があり、他方作家側の要求は無限大であろうから、この調整がかなり難しい。展示の方針が食い違うことさえあるだろう。展示者の苦労は想像に余りある。物故作家であれば、こういう心配はかなり小さい。「先生これでいかがでしょう」という時の恐ろしさ。きっと月森さんも夜眠れなかったり、飯が食えなかったりしたのではないだろうか----余計な想像だが。

 そして、今度の柚木展は柚木作品と民藝館との力が相まって、素晴らしい展覧会だったと思う。-----私などがえらそうに言うことではないのだがご勘弁を。
 特に、2階の第3室は、アフリカの仮面だの、朝鮮のオンドル煙突だのと柚木作品が一緒に並ぶという意表を突いたものだった。現代の芸術が原始的な芸術と拮抗するなんてなかなかないことではないか。月森さんは、柚木先生のものはこういうものと並べても決して負けない、むしろ並び立つ、だから思い切ってこういう展示をした、先生も喜んで下さった、とおっしゃっていた。
 大広間の展示も見事だった、と言いたいところだが、私の理解を越えていてなんとも言えないもので、ただ眺めてきただけである。入口に立つと正面のポスターにもなった着物---型染むら雲三彩文着物というそうだ、が目に飛び込んでくる、後ろを振り返ると燕が二羽天を舞っている、中央は平置きで6枚の大布、といった展示であった。正面は直ぐに決まったので楽勝かと思ったが、あとがなかなか決まらなかった、とは月森さんの弁である。(やはり眠れなかったのだ)

tmk180719.jpg

 なお、展示に合わせて図録が発行された。筑摩書房、3月30日発行。展覧会の展示とは違う設定-----本館と西館のあちこちに作品をおいた設定で撮影した写真が並んでいて、柚木作品の多彩な美しさをまた見ることのできる写真集である。

 以上中途半端な例会報告です。    
 月森さん、民藝館の皆様ありがとうございました。
(藤田)
 
posted by 東京民藝協会 at 12:59| Comment(0) | その他