2017年09月19日

津軽で見つけた石

 9月も半ばを過ぎてしまった。ブログを見ると相変わらずで、いまのところ載っているのは千葉さんの記事だけである。これでは紙の「たより」を2ページにするとしても足りない、写真ばかり大きくしても具合悪い。なにか足したほうがよさそうなので、以下お目汚しながら遠足の感想文です。

 JR東日本の「大人の休日倶楽部」というのに入会した。老人でなければ会員になれないのだから「老人の平日倶楽部」というほうが正しいかな。それはともかく、年に2、3回、15,000円で東日本の鉄道など4日間乗り放題という切符が販売される。9月初めにそれがあって、どこかに行くことにした。一番遠いところ、青森の先のほうがいいだろう、津軽半島か下北半島一周はどうかと考え、津軽に決めた。1泊目を五所川原にして、民謡酒場に行くのが主たる目的である。ところが行ってみたらなくなってしまっていて、吉幾三の記念館にかわったという。弘前の「山唄」も去年なくなったし、津軽三味線は流行っているがどうなっているんだ----と怒ってみても仕方ない。


tmk170919_01.jpg

tmk170919_02.jpg

 で、とくに行くところもない。先のほうに行けるだけ行こうと思って、五能線、津軽鉄道や路線バスに乗って、深浦、小泊をほっつき歩いてきた。地名にひかれて適当に選んだのだが、深浦、小泊といったら、実は太宰治「津軽」に登場する場所である。とくに小泊は太宰が嫁に行った乳母を訪ねていって再会したところとして知られている、はずである。日に数本のバスがあって、途中から乗客は私ひとりになった。船と船小屋、海猫ばかりの小さな漁港であった。海岸線に沿って一筋の道が通っていて、そこを往復したらあとは帰りのバスを待つだけである。

tmk170919_03.jpg

tmk170919_04.jpg

 さて、写真はその道端に捨てられていた錘石(石錘)である。小さいのは15〜20センチ×10〜15センチセンチくらい、丈夫な紐を組んで石を包んである。ほかに違う組織の大きめのやつ、石の全部をくるんだ大きいやつもあった。これはなんだろう、編み方もわからないし、使い方もわからない。
 以上、15,000円旅行の唯一の土産話でした。
(藤田)

posted by 東京民藝協会 at 21:00| Comment(0) | 旅行記

2017年09月12日

次回の例会

○東京民藝協会9月例会
郷土玩具@「郷土玩具と呼ばれるようになるまで」

日 時 2017年9月22日(金) 19時〜21時ころ
場 所 ておりや 神田小川町2-8扇ビル4階
講 師 中村浩訳さん(日本郷土玩具の会会長、全日本だるま研究会会長)
参加費 500円(会員以外は1000円)
定員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに9月21日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

中村さんは高校時代から郷土玩具の収集・研究を続け、コレクションは4〜5万点、まさに郷土玩具の生き字引。4回シリーズで郷土玩具の始まりから、由来、素材、伝説、お守りとしての郷土玩具など、具体的な例を挙げながら、楽しく説明してくださいます。貴重なお話ですので、皆様お見逃しなく!
(楠本京子)


tmk170915_01.jpg

tmk170915_02.jpg
posted by 東京民藝協会 at 20:08| Comment(0) | 例会

2017年08月17日

小鹿田焼の豪雨被害と支援金募集

小鹿田焼協同組合から以下の要請文が公表されました。
東京民藝協会でも募金に協力することとし、近いうちに会員の皆さまにお願いの文書を差し上げますのでよろしくお願いします。
また、同趣旨の文章が『民藝』9月号に載るそうなので併せてお読み下さい。
(担当:藤田)

           ***
◎九州北部豪雨にともなう「小鹿田焼復興事業支援金」募集のお願い

1.支援金募集の趣旨
平成29年7月5日に発生した北部九州豪雨により、国指定重要無形文化財「小鹿田焼」は、その原材料となる土を粉砕する唐臼(からうす)の損壊、水路の破損、登り窯の周辺部や原土を採取する山の崩落など、大きな被害を受けました。小鹿田焼は、宝永2年(1705)の開窯以来、明治時代末期まで甕・鉢・壺などの農家の日常雑器を製造し、昭和6年には民芸運動の指導者柳宗悦の来山により、その伝統的な技法と質朴・雄勁な作調が賞揚され、昭和45年には国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されました。
以降、今日まで主な原料の確保から、製造や加工、伝統的用具による製品製作に至る製作工程には、伝統的かつ地域的な技法が純粋に継承されています。
私たちは小鹿田焼協同組合では、本格的修理事業に向けて現在準備を進めていますが、窯元は家族単位で構成され、男子一人が窯を伝承する習慣が今なお続いており、それぞれの力だけでは完全な復興までには相当な時間を有すると危惧しております。
つきましては、今回の水害に伴う復旧事業に留まらず、これからも小鹿田焼を守り、将来へ伝えていくために、皆様のご支援を募るため「小鹿田焼復興事業支援金」を下記のとおり開設致します。皆様の温かいご支援・ご指導を宜しくお願い申し上げます。

2.支援金の使途について
以下の事項に係る費用として使用します。
1. 唐臼の修理に係る事業
2. 唐臼を稼働するための水路の修復事業
3. 登り窯とその関連施設の修復事業
4. 原土を採取する山の修復及び保全事業
5. 新たな原土山の採取整備事業
◎ より詳しいことは、下記のホームページをご覧下さい。
小鹿田焼復興事業支援金サポートサイト http://ontayaki.support

◎展覧会:バーナード・リーチと小鹿田焼展
九州北部豪雨災害からの復興を祈念し、日田市内において下記の通り展覧会を開催いたします。天領日田資料館においては日本民藝館所蔵のバーナード・リーチ作品を展覧し、また、豆田まちづくり歴史交流館では、過去から現在に至る小鹿田焼とその製法・歴史に関する資料を中心にご紹介いたします。
・期間:平成29年9月26日-10月18日
・会場:天領日田資料館・豆田まちづくり歴史交流館

 天領日田資料館:大分県日田市豆田町11-7 電話:0973-24-6517
 豆田まちづくり歴史交流館:大分県日田市豆田町9 電話:0973-23-8922    
・記念フォーラム
1. 講演「一汁一菜でよいという提案」
講師:土井善晴氏(料理家)
2. パネルディスカッション 「あたりまえの大切さ」 
コディネーター:杉山享司氏(日本民藝館学芸部長) 
パネリスト: 土井善晴氏・石井頼子氏・濱田琢司氏・鷺珠江氏
日時:2017年9月26日(水) 18:00-20:45
会場:パトリア日田・大ホール 日田市三本松1丁目8-11 電話:0973-
   25-5000
posted by 東京民藝協会 at 13:53| Comment(0) | 日記

2017年08月13日

川瀬巴水展、玉川高島屋で

講演会の講師、鈴木昇氏は当協会会員で、かねてから川瀬巴水の紹介に努めてこられました。

tmk0812チラシ表.jpg

tmk0812チラシ裏.jpg
posted by 東京民藝協会 at 18:14| Comment(0) | お知らせ