2017年09月19日

津軽で見つけた石

 9月も半ばを過ぎてしまった。ブログを見ると相変わらずで、いまのところ載っているのは千葉さんの記事だけである。これでは紙の「たより」を2ページにするとしても足りない、写真ばかり大きくしても具合悪い。なにか足したほうがよさそうなので、以下お目汚しながら遠足の感想文です。

 JR東日本の「大人の休日倶楽部」というのに入会した。老人でなければ会員になれないのだから「老人の平日倶楽部」というほうが正しいかな。それはともかく、年に2、3回、15,000円で東日本の鉄道など4日間乗り放題という切符が販売される。9月初めにそれがあって、どこかに行くことにした。一番遠いところ、青森の先のほうがいいだろう、津軽半島か下北半島一周はどうかと考え、津軽に決めた。1泊目を五所川原にして、民謡酒場に行くのが主たる目的である。ところが行ってみたらなくなってしまっていて、吉幾三の記念館にかわったという。弘前の「山唄」も去年なくなったし、津軽三味線は流行っているがどうなっているんだ----と怒ってみても仕方ない。


tmk170919_01.jpg

tmk170919_02.jpg

 で、とくに行くところもない。先のほうに行けるだけ行こうと思って、五能線、津軽鉄道や路線バスに乗って、深浦、小泊をほっつき歩いてきた。地名にひかれて適当に選んだのだが、深浦、小泊といったら、実は太宰治「津軽」に登場する場所である。とくに小泊は太宰が嫁に行った乳母を訪ねていって再会したところとして知られている、はずである。日に数本のバスがあって、途中から乗客は私ひとりになった。船と船小屋、海猫ばかりの小さな漁港であった。海岸線に沿って一筋の道が通っていて、そこを往復したらあとは帰りのバスを待つだけである。

tmk170919_03.jpg

tmk170919_04.jpg

 さて、写真はその道端に捨てられていた錘石(石錘)である。小さいのは15〜20センチ×10〜15センチセンチくらい、丈夫な紐を組んで石を包んである。ほかに違う組織の大きめのやつ、石の全部をくるんだ大きいやつもあった。これはなんだろう、編み方もわからないし、使い方もわからない。
 以上、15,000円旅行の唯一の土産話でした。
(藤田)

posted by 東京民藝協会 at 21:00| Comment(0) | 旅行記

2017年09月12日

次回の例会

○東京民藝協会9月例会
郷土玩具@「郷土玩具と呼ばれるようになるまで」

日 時 2017年9月22日(金) 19時〜21時ころ
場 所 ておりや 神田小川町2-8扇ビル4階
講 師 中村浩訳さん(日本郷土玩具の会会長、全日本だるま研究会会長)
参加費 500円(会員以外は1000円)
定員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに9月21日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

中村さんは高校時代から郷土玩具の収集・研究を続け、コレクションは4〜5万点、まさに郷土玩具の生き字引。4回シリーズで郷土玩具の始まりから、由来、素材、伝説、お守りとしての郷土玩具など、具体的な例を挙げながら、楽しく説明してくださいます。貴重なお話ですので、皆様お見逃しなく!
(楠本京子)


tmk170915_01.jpg

tmk170915_02.jpg
posted by 東京民藝協会 at 20:08| Comment(0) | 例会