2018年05月22日

沖縄の映画2本「米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー」「返還公証人-いつか沖縄を取り戻す-」

 先日「米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー」という映画を見てきた。去年に公開されていたのだが、見そびれていた。瀬長亀次郎という、沖縄では圧倒的な人気を誇る---本人は誇っていないだろうが、政治家についてのドキュメンタリーである。題名通り、戦後米軍に占領されていた沖縄で沖縄人の権利を守るために米国、米国軍、そして日本政府と戦った瀬長を、古いファイルと存命の人々のインタビューをくみ合わせて描いた映画である。

tmk180524_01.jpg

 公式ページの解説は以下の通り
 〈第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー〉

 それから、「返還公証人-いつか沖縄を取り戻す-」が6月あたりから公開される。昨年テレビのBSで放映されたそうで、それを再編集した映画とのこと。以下の解説も公式ページから。
 〈1972年5月15日、沖縄が、アメリカから日本に返還された。交渉が始まったのは1960年代。最前線に立っていた実在の外交官・千葉一夫は、沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、激しい交渉を重ねていた。「鬼の千葉なくして、沖縄返還なし」。沖縄の人々の苦悩に真摯に耳を傾け、大願を成就させた伝説の外交官が、生涯をかけて貫いたものを描き出す〉

tmk180524_02.jpg

 さて、来月6月に民藝協会の全国大会が沖縄で行われる。米軍基地の固定化一極集中を座視している我々本土の人間はどんな顔で沖縄に行ったらいいのか。物見遊山の気分では行けないし、柳はエラカッタで万事オーケーとすましている訳にもいかない。
 沖縄県民は今や、本土復帰は何だったのか、復帰したことが良かったのかどうか、と考えているだろう。また、柳がエラカッタかどうか、柳の沖縄理解については小熊英二らの批判があり、これも参照するべきであろう。こんなことを考えると、沖縄大会は楽しみでもあり憂鬱でもある。
 ------以上まとまりのない文になった。まあ映画紹介ということでご勘弁を。
(藤田)

posted by 東京民藝協会 at 11:17| Comment(0) | その他