2019年04月07日

次回の展示会

○東京民藝協会2019年4月例会II
宮島の郷土玩具「鹿猿」の話

日 時 2019年4月28日(日) 19時30分〜21時ころ
場 所 べにや民芸店 目黒区駒場1-33-8 コードンブリューII 2階
講 師 千葉孝嗣氏(広島県民藝協会会員)
参加費 500円 (会員以外は1000円)
定 員 25人位(会員優先/先着順)
参加申込 4月27日(土)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com
または電話03-5875-3261(べにや民芸店)

郷土玩具に造詣が深い広島県民藝協会員の千葉孝嗣さんに、地元・宮島の伝統的な郷土玩具「鹿猿」についてお話いただきます。歴史ある「鹿猿」を千葉さんは長年調査し、収集、さらに復刻もされました。先日は宮島で展示会、講演会もなさったとのことです。

tmkb190407_01.jpg
明治期の鹿猿(西澤笛畝著『玩具叢書 日本玩具図篇』より)

tmkb190407_02.jpg
戦後の鹿猿(岩村菊治作)

*前日27日に、展示中の今戸人形の吉田義和さんとの対談もあります(同じ時間)。こちらはべにやさんの主催、参加ご希望の方は直接申し込んで下さい。
posted by 東京民藝協会 at 19:19| Comment(0) | 例会