2019年03月08日

骨の洗い方-----映画「洗骨」

 変な表題をつけてみたが、単に映画の紹介、その内容全体の紹介でなくて、題材になっている「洗骨」という風習に限っての紹介です。

 民藝の世界ではよく知られる厨子甕ジーシーガミ、あれは本来は洗骨後の骨を納めるものだそうだ。たしかに、火葬後の骨はあれほどのかさはないような気がする。
 洗骨という風習は沖縄や奄美の南島にあって、かの地では土葬、火葬が行われない。風葬をして数年後にそれを洗い、厨子甕に納める。そして門中の大きな墓に先祖と共にまつる。墓の中にはたくさんの甕が並んでいるそうだ。こんな程度のことを聞いていたが、その実際を映像で見ることができる映画である。

tmk190308.jpg
http://senkotsu-movie.com/

 墓、この映画では海に向かう崖に掘られた穴だが、入り口は石積、その石を外すと中に木棺(屈葬の)が置いてある。それを運び出して骨を取り出し洗う。頭蓋骨は椿油で清める。そして厨子甕に納めるのである。
 現在は沖縄、奄美でもほとんど火葬になっていて、この風習は沖縄の先島や奄美の一部にだけ残っているという。ずっと以前に新聞で読んだのだが、洗骨を実際にやるのは女性で、その女性たちから早く廃止してくれという声が上がっているがなかなか廃止されない、というような記事だった。この記事の影響もあってか、恐ろしい風習だという印象を抱いていた。しかしこの映画では神々しい家族の行為として描いている。

tmk190308_02.jpg
http://okamoto-taro.okinawa/

 物語の展開は作りすぎという感想を持ったが、沖縄の美しい風物を見ることができる。ただの道や草木が美しい。これを書きながらもう一本の映画を思い出した。「岡本太郎の沖縄」という映画で、これも一部だが風葬を扱ったものだった。岡本が久高島の風葬の場に立ち入って、これに悪い噂がたった。それについて真相を明らかにしようとする内容が含まれている。複雑すぎてきちんと紹介できないので、こういう映画がありますというこ
とのみ。        
(藤田)
posted by 東京民藝協会 at 19:29| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: