2019年05月20日

次回の例会

○東京民藝協会2019年6月例会
「小福田史男氏 藍の絞り染」

日 時 2019年6月14日(金)19時〜21時ころ
場 所 ておりや 神田小川町2-8扇ビル4階
講 師 小福田史男氏(絞り染)
参加費 500円(会員以外は1000円)
定員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに6月13日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

現在日本民藝館で「藍染の絞り---片野元彦の仕事」展が開かれています(6月16日まで)。これにあわせて、同じ絞り染めをなさっている、小福田氏にお話を伺えることになりました。氏は、平成28年の「日本民藝館展」で日本民藝館賞を受賞しておられます。また、民藝館の売店で販売されている絞りは同氏によるものです。ご参加下さい。


tmk190520kofukuda.jpg
小福田史男「鎧段雁木文様絞り染服地」(平成28年度日本民藝館展 日本民藝館賞受賞作品)
posted by 東京民藝協会 at 19:55| Comment(0) | 例会

2019年05月10日

鹿猿レポート

こんにちは。東京民藝協会会員の金子安也女です。
2019年4月28日(日)に行われた例会のレポートをお届けします!
今回の例会のテーマは「宮島の郷土玩具『鹿猿』について」。講師は広島県民藝協会の千葉孝嗣さん。千葉さんは16年前に広島に移り現在も広島にお住まいですが、東京にいた時に東京民藝協会とご縁があり、今も東京民藝協会を多方面からサポートしてくださっています。

さて、みなさんは「鹿猿」という郷土玩具をご存知でしょうか?鹿の上に猿がチョコンと鎮座して、ひょうきんな魅力のある郷土玩具です。私も宮島に旅行したことがあり鹿がたくさんいた記憶はあるのですが、猿を見かけた記憶はありません。一体、どこから鹿と猿の組み合わせが生まれたのか、その答えを期待して話を聞きます。
宮島は島自体が御神体とされ昔は神様だけが住む場所でしたが、神社が建立され人間も住むようになり、戦後に鹿の数は激減してしまいますが、その後、保護されたことで頭数も増え、現在のように野生の鹿のまま人間に大切にされるようになりました。一方、猿は人家の瓦を剥がしたり食べ物を盗んだりと歓迎されない存在のため、弥山(みせん:宮島中央になる山)に追いやられてしまい、現在は猿の姿を見かけることは殆どなくなったそうです。

tmk1905_02.jpg

気になる「鹿と猿」の組み合わせのルーツですが、結論からすると「よくわからない」そうです。江戸時代から「鹿と猿」の図柄は使われていたようですが、どんな意図でそうなったのかは千葉さんの4年間の調査・研究を持ってしても、未だ謎です。千葉さん曰く「当時、鹿の上に猿が乗っている光景が頻繁に見られたからではないか。」とのこと。何となく鹿より猿の方が、頭が良い(ずる賢い!?)感じがするので、うまいこと鹿を手なずけていたのかもしれませんね。

千葉さんによると鹿猿の一番古いものは明治時代に作られた土製手捻りのもので、一時、明治期に姿を消しますが大正末期に姿を変えて復活し、その後も土製型抜き・土鈴・張子・木彫など様々な素材や姿に変わり現代に引き継がれます。しかしながら、現在の鹿猿は失礼ながら“昔ながら“とは言い難いものもあります。その理由は何なのだろうと考えていると、千葉さんから「鹿猿は郷土玩具の中でも評価が低い。地元の人のものというより、外の人(観光客など)のために作られた。だから地元の人でも知らない人が多いし、興味を持たれていない。」と説明がありました。”昔ながら“を守るには、誰かが強い意志を持って「後世に残そう!」と思わないと、時代の変化の波にのまれてしまうのかもしれません。何だか寂しい気持ちになってしまいましたが、諦めるのはまだ早い。目の前に一筋の光があることに気づきました。一筋の光、それは千葉さんです。

tmk1905_01.jpg

千葉さんは「鹿猿」の研究に留まらず、昔の出土品や文献を参考に、ちょこちょこ精巧な模倣品を作られているのです。あえて模倣品と申し上げましたが、千葉さんが“昔ながら”の鹿猿をご自身が納得されるレベルで復活させた時に本物とお呼びしたいからです。帰り際、「もう千葉さんが昔ながらの鹿猿を作るしかありません!」と千葉さんにお伝えし、「えぇぇ!?」と驚くご本人を横目に、一人清々しい気持ちで会場を去らせていただきした(笑)素朴でキュートな鹿猿が復活する日はそう遠くはないと信じています。千葉さん、頑張ってください!(完)
posted by 東京民藝協会 at 18:49| Comment(0) | 例会

2019年04月07日

次回の展示会

○東京民藝協会2019年4月例会II
宮島の郷土玩具「鹿猿」の話

日 時 2019年4月28日(日) 19時30分〜21時ころ
場 所 べにや民芸店 目黒区駒場1-33-8 コードンブリューII 2階
講 師 千葉孝嗣氏(広島県民藝協会会員)
参加費 500円 (会員以外は1000円)
定 員 25人位(会員優先/先着順)
参加申込 4月27日(土)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com
または電話03-5875-3261(べにや民芸店)

郷土玩具に造詣が深い広島県民藝協会員の千葉孝嗣さんに、地元・宮島の伝統的な郷土玩具「鹿猿」についてお話いただきます。歴史ある「鹿猿」を千葉さんは長年調査し、収集、さらに復刻もされました。先日は宮島で展示会、講演会もなさったとのことです。

tmkb190407_01.jpg
明治期の鹿猿(西澤笛畝著『玩具叢書 日本玩具図篇』より)

tmkb190407_02.jpg
戦後の鹿猿(岩村菊治作)

*前日27日に、展示中の今戸人形の吉田義和さんとの対談もあります(同じ時間)。こちらはべにやさんの主催、参加ご希望の方は直接申し込んで下さい。
posted by 東京民藝協会 at 19:19| Comment(0) | 例会

2019年03月22日

1月例会 民藝館特別展「柳宗悦の直観」見学

 間が開いてしまったが、1月26日㈯に民藝館見学の例会をやった。民藝館の特別展示は、「柳宗悦の直観」というもので、文字通りに受け取れば、「勝手に見てくれ」ということである。これで館に解説をお願いするのはどうかとも思ったが、担当の月森さんから「説明を一切しない展覧会です。通常のご説明はできないかもしれません。ご覧いただいた後に少しお話をさせていただきます」というご返事をいただいた。人が集まるかどうか心配だったが、10人以上の方が来て下さったし、会員以外のひとも加わって下さった。

 雑誌「民藝」1月号はこの特別展の特集である。5ページの巻頭で、「直観」を理解することの難しさが指摘されている。これによると直観は「直感という身体感覚にのみ基づいた私的な判断と混同されやすい」加えて「出自の異なる仏典のナントカという言葉と西洋哲学のナントカという言葉の訳語として区別なく使われている」(ナントカはアルファベットでないのでここに書けない)のだそうだ。
 なんのことかわからないのだが、さらに佐藤光氏が「直観とは何だろうか」(p11〜)で、《ブレイクが「直観」という単語を全くと言っていいほど使わなかったにもかかわらず、柳は『ヰイリアム・ブレーク』で「直観」という言葉を多用した》このころの柳は《「直観」をまだ概念でとらえていた、とは言えないだろうか》と書かれている。そうだとすると、当初柳はブレイクに依拠しながら一部曲解しつつ直観を説いた、と読める。で、いよいよわからない。------オレの脳で柳の思考過程を辿り理解しようなんてことは無理であるから当然だが。

 ところで「直観で見ろ」ということを言った人は柳ばかりではない。こんな文章があった。《見ることは喋ることではない。言葉は眼の邪魔になるものです。例えば、ぼくらが野原を歩いていて一輪の美しい花の咲いているのを見たとする。見ると、それはすみれの花だとわかる。何だ、すみれの花か、と思った瞬間に、ぼくらはもう花の形も色も見るのを止めるでしょう。ぼくらは心の中でお喋りをしたのです。すみれの花という言葉が、ぼくらの心のうちに這入って来れば、ぼくらは、もう眼を閉じるのです。すみれの花だと解るという事は、花の姿や色の美しい感じを言葉で置き換えてしまうことです。言葉の邪魔の這入らぬ花の感じを、そのまま、持ち続け、花を黙ったまま見続けていれば、花は僕らに、かって見たこともなかった様な美しさを、それこそ限りなく明かすでしょう。》この文章、小林秀雄の『美を求める心』の一節だが、いまでも読むたびに感心する。そして、この展示のことを知ったとき、まず思ったのがこれであった。-----柳の何らかの文を思い浮かべるべきだろうが、あまり読んでいないのでわからない。

 さて展示はたとえてみると和洋中飛び切りの料理の食べ放題といった趣で、全室見終わったら満腹という感じであった。我々は、いや私はこういう展示をいわば無秩序としてしか感受できないのである。「展示はさぞ難しかったでしょうね」と月森さんにお聞きしたら、そうでもなかったというご返事。月森さんはご自身のなかに美の秩序があってそれに従った、だから難しくなかったのだろうか。
 ともあれこのように説明のない展示は、素人からすると不安なものであり、特に気にかかるものについては何か知りたくもなる。これについて月森さんは、知ろうとすることを否定するものではない、と何度もおっしゃっていた。ただし、今回はただ見て下さい、と。であるから我々はこの試みを受け入れて、黙って見るべきだろう。先の文章で小林は《それほど、黙って物を見るという事は難しいことです》とも書いている。
(藤田)

posted by 東京民藝協会 at 15:26| Comment(0) | 例会

2019年03月17日

次回の例会

○東京民藝協会2019年4月例会
「たくみ 阿部眞士作陶展」

日 時 2019年4月2日(火)18時〜
場 所 たくみ 中央区銀座8-4-2
講 師 阿部眞士氏(陶芸家 祐工窯)
参加費 なし
定 員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに4月1日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com
または 03-3571-2017(たくみ)

たくみで開催中の「阿部眞士作陶展」(3/30(土)〜4/6(土))に合わせて、同氏のお話を聞く会を行います。阿部氏は、滝田項一先生のもとで修業され、現在は故郷北九州市に戻って父祐工氏の仕事をついでおられます。また昨年から「日本民藝館展」の審査員も務めておられます。終了後、近くで懇親会をする予定です。(たくみ 野崎)
posted by 東京民藝協会 at 19:26| Comment(0) | 例会

2019年02月07日

次回の例会

○東京民藝協会2019年2月例会
「沖縄の石獅子」

日 時 2019年2月22日(金)19時〜21時ころ
場 所 ておりや 神田小川町2-8扇ビル4階
講 師 村上豊隆氏(『民藝』編集部)
参加費 500円(会員以外は1000円)
定員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに2月21日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

沖縄の石獅子は集落を厄災から守るために置かれた、文字通り石で作られた獅子です。『民藝』3月号に特集されます。村上さんにその取材で撮った写真を見せていただきます。屋根獅子や門柱上の獅子は今やよく知られるようになりましたが、この石獅子はまだあまり紹介されていないようです。屋根獅子に劣らない素晴らしい造形物です。


tmk190207.jpg
posted by 東京民藝協会 at 17:49| Comment(0) | 例会

2019年01月08日

次回2019年1月の例会

○東京民藝協会2019年1月例会
日本民藝館「柳宗悦の直観」展見学

日 時 2019年1月26日(土) 11時30分〜12時ころ
場 所 日本民藝館 2階階段室
解 説 月森俊文氏(日本民藝館)
参加費 500円 (会員以外は1000円)
定 員 20人位(会員優先/先着順)
参加申込 下記のメールに1月25日(金)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

月森さんから「キャプションを含め説明は一切しない展覧会です。通常のご説明はできないかもしれません。ご覧いただいた後に少しお話をさせていただきます」というご返事をいただきました。当日は、事前にご覧になってから集合して下さいますようお願いします。
*展示期間:1月11日(金)〜3月24日(日)
posted by 東京民藝協会 at 11:07| Comment(0) | 例会

2018年12月01日

次回の例会

○東京民藝協会2018年12月例会
日本民藝館展 見学

日 時 2018年12月15日(土) 11時〜
場 所 日本民藝館 入口あたりに集合
参加費 500円(会員以外は1000円、入館料は別途)
定 員 25人位(会員優先/先着順)
参加申込 下記のメールに12月14日(金)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

例年のように日本民藝館展が12月9日(日)から23(日・祝日)まで開催されます。
西館の公開日と重なるので、お茶や昼食はできませんが、ご参加下さい。

posted by 東京民藝協会 at 20:17| Comment(0) | 例会

2018年11月01日

10月例会報告のようなもの

 10月5日(金曜日)、べにやさんをお借りして例会をやった。参加者が20人を超えるという盛会、會田協会長や福岡の高木さんもご参加下さった。
 会員の澁川祐子さんが講師で、「民藝と食」と題したお話であった。澁川さんには『オムライスの秘密メロンパンの謎』(新潮文庫 29年2月発行)という著書がある。その表紙カバーの後ろの著者紹介によると《フリーのライターとして活動するかたわら、「民藝」にも携わる。近年は食や工芸のテーマを中心に執筆》とある。
 この本は、ライスカレー、コロッケ、ナポリタン等々、我々がいま普通に食べている料理の起源と現在までの変化、展開を明らかにしたものである。前書きに執筆の方針として「文献によって事実を明らかにしようと努めた」と書いておられる。元祖や創家、本家の話を直接聞いてまわっても事実に到達できるとは限らないからもっともなことではあろう。だがかなり手間のかかる仕事になる。多分澁川さんは幕末以後に刊行された膨大な料理本、新聞等々に一通り目を通したことだろう。国会図書館や大宅文庫に日参したのではないか。それくらいでないと28もの料理に関する初出文献を探しだすことは難しい。事実《そんな疑いを抱きながら、明治時代から戦後の1960年代までの料理本をしらみつぶしに調べてみることにした》なんて平気で書いている。
 そしてその過程で、今回の話題「民藝と食」に関わるネタも、------吉田璋也が考案したとされるしゃぶしゃぶは当然のこととして、拾えたのではなかろうか。労作である、そして面白い。

tmk181102.jpg

 さてお話である。柳らは食べ物に、特に収集の旅の途中であった地方の食べ物にそうとうな興味をもって、それ等についてよく記録しているという。同人それぞれの食べ物とのかかわり方が「甘党の柳宗悦」「和食通のバーナード・リーチ」「土地の味を大切にする濱田庄司」「京都の老舗を愛した河井寛次郎」「民藝と食を結び付けた吉田璋也」というふうにまとめられ、エピソードが紹介された。これらは多少知られてはいるのだろうが、このように一つの側面からまとめられるとまた興味を引くものである。------柳は歯が悪くなかったのかな。

 それから、柳田国男と柳の(ただ一回だけの)対談が紹介された。『月刊民藝』13号(昭和15年)の「民藝と民俗学の問題」に載ったものである。地方の食べ物について話している部分であるが、以下の柳田の発言が興味深い。
 《柳田 田舎の食物は普段は非常にぞんざいなものを食べている。そうしておいて一年の限られた日だけうまいものを食べる。だからその日はとても幸福を感ずるのです。(中略)そうした時の幸福さというものは非常なものだっただろうと思いますね。いま民藝館の品物をみてつくづくそう思いました。》
 柳田はここで、「民藝館の品物は限られた日だけのものである」と言う。そして、「そう思いました」は「限られた日のためのものとして結構なものだ」という意味だろう、多分。しかしこの言い方、柳田は民藝館の品物にたいして感心していない、興味がないのではないか。「私の家は日本一小さい家だ」「飢饉を絶滅しなければならないという気持ちが自分を民俗学に駆り立てた」という柳田にとって、問題は民衆の平生の生活であって、民藝館の品物はさして関心を引くものではなかった、と読めないだろうか。

 澁川さんによると嵐山光三郎がその著『文人暴食』で、柳田はうまいまずいを言わなかった、と書いているという。すると「うまいまずいを言う柳、言わない柳田」という対比ができる、とおっしゃる。恐縮ながら、いい着眼ではないか。両者の学問のあり方、人柄さえ象徴しているかもしれないし、上記対談にも反映している気がしないでもない。
 それで『文人暴食』を覗いてみたら「柳田国男 うまいもの嫌い」というズバリの項があった。《柳田の膨大な著作は、日本人の衣食住に関する論考が一つの核であるけれども、料理の味について触れた記述は驚くほど少ない》《柳田にあっては味覚の検定は禁句であった。「うまい」と感じる喜びが、次にめざす罠を嫌ったのだろうが、-----》と書いてある。この指摘、嵐山以前にあっただろうか。それはさておき、この「罠」とはなんだろう。簡単にいって「うまい」に捕らわれていくと民俗学が脇道にそれてしまう、ということか。これと逆に「次にめざす罠」なるものを肯定したのが柳であり、民藝であったのかもしれない。

 澁川さんは最後にもう一度河井寛次郎の言葉を引っ張ってきた。《土地の人を永く養ってきた食物にはうまいとかまづいとかのほかに何か犯し難いものがある。味の中心を形作るこれは力なのである。》(『工藝』69号)穿ちすぎかもしれないが、この数行に限っていうなら河井の感受性は柳より柳田に近いのではないか。------この数行から何かを言うことは避けるべきだろうが。

 現在の日本は、全雇用者中、非正規雇用者が1/3以上になったそうで、上記対談が行われた戦前の社会構造に似てきたところがある。民藝ブームと言われつつも、民藝と縁のうすい階層、柳田の言葉を借りれば「限られた日だけうまいものを食べる」階層が大規模に出現しつつある、のではないか。

tmk181102_02.jpg

 以上、脱線甚だしい報告である。
 澁川さんありがとうございました。
(藤田邦彦)



posted by 東京民藝協会 at 17:55| Comment(1) | 例会

2018年10月22日

2018年11月の例会

○東京民藝協会2018年11月例会
「インドのブロックプリント」

日 時 2018年11月30日(金) 19時〜21時ころ
場 所 ておりや 神田小川町2-8扇ビル4階
講 師 モハマド・シャリフ・サル氏(インダスバレー)
参加費 500円(会員以外は1000円)
定員  25人くらい(会員優先、申込先着順)
参加申込 下記のメールに11月29日(木)まで
tokyomingeikyokai@gmail.com

シャリフ氏はパキスタンの人、長くインド等の染織品の輸入販売をなさっておられます。現在、ブロックプリントによる染色布を現地で製作、「100枚のバンダナ」と名付けて販売中です。実際は100種以上、多種多彩で美しい布群です。その製作過程などをお話いただきます。


tmk181022.jpg
posted by 東京民藝協会 at 19:14| Comment(0) | 例会